家は小さいから狭いんじゃないんです。大きいから広いんじゃないんです!

先日完成した家写真は無加工です。

どんな家が落ち着くか?
家は、小さいから狭いんじゃない!大きいから広いんじゃない!

 

 


重要なのは全方向に出来るだけ直線的に動けるように先ずは松橋さんが間取りします。
広さ感を作ります。
それぞれの箇所にはその機能をもたせながらです。
それと子供部屋ですがこちらも無駄になる可能性があるのでドア、間仕切り収納の扉は出来るだけない方がいい、必要な時はドア以外簡易的なもので塞げばいい。
そんな感じで造ると狭くても広さを感じます。

 

 


本来日本家屋は広さを感じるものでした。構造の現し日本人が日本家屋の持っている安心感、懐かしさ、落ち着きを創るこれがボクの仕事!美味しいんです!!

理屈に合わない梁柱はどうしようもない、もう全然話にもならんです。
シンプルモダンに変えた方がいい。

そしてそれにナミが上手に化粧をしてくれる。これがボクらの仕事の流儀っす!

ずっと新鮮な気持ちでやってるつもりでも、いつか何かを変えなければいけない時がくると思う。

誰も考えつかない斬新な家を造ろう。と思って造っていた家、思へばそのこと自体を少しずつでも変えていかないと時間は最初から止まっています。日々単位で世の中は変わって行くんですから、ヴィンテージホームの企画住宅あってもいいと考えた時無理だとは思わなかったんです。

試してもいないのに無理というのはおかしい業者様も交え、工事をやり直させた時のスタッフのうなだれた顔、無視するしかなかった。おかげさまで完成です。企画住宅ヴィンテージホーム(せぴあ)注文住宅とは違いがありますが、造り続けてきた僕から見ても小さい家でも面積を大きく展開して誰かが二階にいても常に家族の気配を感じられる家。夏は涼しく冬は暖かくを守り抜きます。

近代のデザインや政策等で決められた住宅性能基準に拘束はされますが、日本伝統のデザインを取り入れることにより。家に柔らかさを与えていきます。

集中暖房でないと計算ができない北国なのでガスの集中暖房ですが、実態は薪ストーブが一番暖かいんです。玄関土間に100年以上前からのヨツールの薪ストーブは、よく似合います。

呼ばれているようなので帰りますが、企画住宅は完成させることができました。次は造り直しはないでしょう。うなだれた顔ももう見ることはありません。無理ばかり言って御免なさい本当にありがとう。

最後に尊敬している松下幸之助翁著作人生心得帖にも感謝です。

出会って、お付き合いして初めてお仕事をいただけます。感謝

7年前に会社の前の美容室で働いていた香織ちゃん、家の人のお友達なんですが4年前に独立しまして工事もやらせてもらったんだけど、1ヶ月ぐらいお客さん来ない〜って言ってたら、あれよあれよ、予約制ですがいつ行っても必ずお客さんいます。

2ヶ月目からは、もう繁盛店のびっくりぽん!技術はもちろんですが、まあまあ面白くていろんなこと知ってますね!コンテンツいっぱい持ってるってやつですかね〜、大したもんだ〜と思ってたら〜先々月店舗建てると酔っ払い気味でラインがやってんなー、まじやってんな〜四年で店舗か〜、正直嬉しくなって。まあ貫く!いろんな楽しみや興味に蓋をしない性格なんですね。もちろん妥協しないし具合わる〜いとも言わない香織ちゃ〜ん。

そんなんで建てさせてもらってます(笑)自分仕事もらったからって好きなものは好きだし、嫌いなものは嫌いだしこれは宣伝でも無いです。

女は強いって言いますが特にこの女子は強い最近は力強いめんこい味方女子も入ってきたし、見てると可愛がってるわ〜、もちろん家の人とのお付き合いがあったればこそです。はい!

2017夏

 

遅くなりました。空間に影響する子供部屋収納について。

前回からずいぶん遅れましたが、新築またはリノベーション新しいお家を造ろうとご計画の方へ、ちょっと読むとずいぶん乱暴に感じる、かもしれませんがお許しください。

自分は家について最低中期と長期に分けたプラン計画をお客様に提案します。偏屈かもしれませんがその方がより現実的だからです。またこういった部屋が必要だとか全ての要望から、いくつか無駄を省く考え方でお客様とお話ししています。

少し離れますが家ってずーっと子供とか親とか一緒に住むんでしょうか?皆さんでもわかります。答えはNOですね。

自分の経験で非常に喜ばれた20年来のお客様がいます。その方は全てのお子さんやお年寄りの部屋を欲しがりました。自分も当時若かったものですからストレートにそういう家は造りたく無いと言いました。

ご夫婦だけになる時が来ませんか?ものすごい部屋数。収納の中もすごい量の物が溢れ余計な高熱費もかかります。視覚的にも間仕切りだらけ凄く狭く感じます。結局自分の提案を聞き入れ外見コンパクトですが中は凄く広く。

そして今はご夫婦のみの生活になりました。

一番下の子供さんはお母さんの家事室と兼用、女の子二人は棚収納等を工夫して6畳を二人で使えるように。

同じく当時のお年寄りのお部屋は8畳合計40坪の予定が32坪の家になりました。6畳8畳もそれぞれ今お二人で活用されています。

自分たちの考え方です物の空間より人が暮らす空間を大事にしたい。収納は物入れではなく!大事なものをしまって置く場所。そんなことを思って家造りをさせてもらっています。これをやると余計なものを買わなくて済みますし大切なものだけがそこにある。

充実した快適な暮らしができると思うんです(^ ^)。

昔は〜?今は〜?知ろうという気持ちがなければどんなに頭が良くても、知り方も解らない探し方も解らない理屈で家が建てられるなら、買う相手は誰でもいい!

いきなり激しい題名ですが、人は教わって、体験してみて、自分で納得すると、そのことが得意になり、好きになってたまらなくなります。自分が言うから間違いありません!自分はよくテレビしかも超豪華俳優の出演するテレビとか映画からデザインをパクって来ます。

例えばHEROもう何十回も巻き戻しながら、専門用語ですみませんが見切りのラインいい感じのところに入ってる。とか時代感出すにはクラシックグリーンはすごく合うとか、階段だってそうです。なんで12段で終わってるのか、今の基準の段数では作れないとか。

この縦スリットのガラスどう見てもワンスパン25mmって一目でわかるんです。じゃあ本当に10mmしかないの〜お〜い!ってなるんですよ材料多いですからね。知っておかなくちゃなんです。

世の中建築士だらけですけど、そんなのセンスなかったら通用しないんですよ一流建築士でないと!自分は一流建築士ですけどね。

分かった!見切った!と言う前に。人ん家作ってるんですから、ちゃんと勉強しなきゃってことです。

性能なんて国に決められてるんであったり前ですから。

SNSの友達感覚、人によって違うけど全くの一方通行じゃ意味がないと思います。

自分はSNSは双方向的なコミュニケーションツールだと思っています。友達とのやりとり、ビジネスすごく便利になったなったな〜と思って楽しみながら使ってます。

でも双方向性が成り立ってないと意味がないとも思います。

自分がSNSを始めた時、相当のおっさんだったため、どうやったら皆んなと仲良くなれるか??投稿をします。当然反応なし(笑)でも反応が欲しくなってまた考えます。リアクション考えるなってあれ違うと思うんですよね〜。

それはさておき、ある日いいねばっかしでコメント無しの投稿を見かけました。それにコメントを入れてみたんです。そしたらその投稿に続々コメント入り始めたんです。

これぞおっさんの生きる道ー!!!と思いまして、その時200名ぐらいの友達全部に☆印やお知らせを受け取るをつけ、恐れ多い人は別にしても、投稿を読みいいねをしてコメント入れる、そういった特訓をしてみました。もうわやKYどころじゃなくて、書いてる事訳わからんのでやめましたけど(笑)

でも成果というか友達申請が続々と入ってき始めたんですね。自分には大勢です。

僕は友達になったら最初必ずリアクションはします。友達少ないですけど、いいねを繰り返しますが相手からの反応がなかったら迷惑なのかもしれないのでフォローを止めるんです。どんなに知ってる人でも積もり積もって時間の無駄になるから。相手がフォローしてれば目につくはずだし。

友達4000〜5000の人も見かけます。リアクションも数百すごいですねTwitter、Instagramはもっと凄い、でも同じ友達5000でも30〜40位しか投稿にリアクションがない人もいる。それは自分には不思議だしその感覚わかりません。どうして2017夏?

 

 

 

チラシ広告はFacebookでつくってます。

いろんな人が訪ねてきます。商売人ですから、愛想は良くないとダメですね。ちょうど広告作りの最中でした。僕はできるだけ時間を取りたくないんですが。広告は構想がまとまるまでが勝負ですので、焦り気味〜〜

前にも書いたけど旭川の方はご存知のライナー謎部高塚さんたち。自分はここを活用してチラシだけではなく広告でいろんなことを告知してます。そのやり口はFacebookを気軽に書いて手書きに直すだけです(笑)

今までの一部をアプリで今集合させてみました。Facebookの投稿やリンクを活用すれば特別キャッチもいらないし必要ない、おーっ!!と自分のとこだけが引き立つんです。これでやってます。時間もないしFacebookのノリ、気軽に書いて写真組み合わせて手書きに直すと引き立つわけですこういうのが不動産広告にのりますと結果事細かく手書きで書いてて親切に作ってるから読んでくれて、いっぱい来場してくれます。なんか周りの不動産広告は自分とこの引き立て役みたいになってしまうんです。

これが一件あたり配送含むおよそ1円(笑)

さてさて現場もそろそろおさまりそうです。写真が送ってきたんですけどー。あとで観に行こうかなーと思わせる写真、まあ軽く行きます。はい。

ブログって前すごい気軽に書いてたんですけどね。何となく最近また気軽にかけるようになってきました。まあこんな感じです。

Twitterの取り込み忘れちゃってめんどくさかったので写真貼りました〜とりあえず効いてません。(笑)

 

個を出すと言うことは「自己紹介」とは違います。

昨年エクスマ塾生になりました。日が浅いのでまだまだ修行中です。でも本当に塾生になって良かったと思います。体感して良かった事がいっぱいありました。全国に仲間も増え交流していますし、励みにもなります。

塾では販促とか集客とかそういったことは一切教わりません。あえて言えば今までの自分の販促物の品評と先輩の事例その人の事業にあったアドバイスや意見交換そういったとこでしょう。

ボクが最も重要と思うことは「個を出す」性格を引きむかれるといった感じでしょうか本当に自分を助けてくれました。世間様に自分を飾る必要がなくなるわけですからすごく楽になるんです。

それと藤村先生が人としてのあり方、雑学も含めた知識、心穏やかに暮らす。こんなことを毎日十数回Facebook、twitter、Instagram等で今でも毎日投稿してくれる。

自分の名前検索したことありますか?やってみたら僕のブログから何から数えてませんが、1ページとかではなくずらりと並んでるんです。これには嘘があるわけないんですね蓄積ですから。先輩たちなんかは半端でなく凄い。

気になった人がいたら名前を検索してみませんかね?Google、Facebook、twitterと僕と知り合った方は僕のことを知り尽くして会いにくるんです。やったことは、たったの一年半よちよちとSNSを続けただけです。

お陰様で今年度5月から3ヶ月間で昨年1年間の受注に達しました。僕は思うんです。それはたまたまです。でも(個を出す)少しぐらいは出来てきてるからではないかと、大きな勘違いかもしれませんが。

個を出すで、自己紹介は、無くなります。ん〜渋い(笑)

 

 

ばあちゃんち行きたい。

言葉にしたくても言葉にできない。コミュニケーションの障がいを持つ人が多くいます。ボクの次男もそうです。20歳なんですが単語をいくつか並べられる程度、あるいはこちらから状況を見て聞き取るような感じです。

ものすごく優れた面もあります。決められた家の手伝いをルーティンを絶対に崩さず正確にこなす能力。二、三歳の頃からの旅行や行事の日付、何年何月何日と答えるので調べると間違い無くその日です。いついつ何をしたと物心ついてからのことを覚えています。

何か観ていると、神秘的です。顔はあくまで透明で邪心は全く見当たりません。ユーチューブに夢中になっていますが、先日生まれて初めての彼のおねだりがありました。びっくりと嬉しい気持ち。

彼はおねだりとか口に出すことがないのでついつい、ボクたちの方が甘えてたのかもしれませんね。

「ばあちゃんち行きたい」自分の口ではっきり言いました。彼はボクの生まれた島の海で泳ぎたかったんです。ごめん!今まで何もしてやれなくて連れて行くよ種子島まで。

自分のたった一つの遊び場だった西の浜(浦田海水浴場)で遊ぼう。

 

人の会社の名前覚えてますか?

例えばうちで言えば(株)プランニング・アイこの名前覚えてる人は殆どいないと思うんです。これ

株式会社)プランニング・アイ

なんて誰も覚えてないんですよ実態は、取引先でさえ略称ぐらいしか覚えてないかもしれない。

この前短パンさんのトークライブでそんな話してまして、その通りだと思ったんですよね。

じゃあ自分お客さんに何覚えてられてるんだっけって思ったんですけどやっぱこれしかないんですよね、しっかり覚えられてるの。

うらちゃんこと浦崎修やっぱり実態的な会社の名前うらちゃんとか浦崎修とかで十分です。というか好きです。

よくあるお客様との話、前どこで建てたの?あの〜ほら、あそこにあるなんてったかあの会社さ、あの〜なんてったかあの社長さ〜って会話(笑)、ミサワまでは覚えてても営業は〜あの子さ〜、現場管理の人は〜確かあそこ住んでる〜(笑)

こんな話お客さんと話したのを思い出しまして、短パンさんのトークショー笑ってましたとさー。うらちゃん組に変えようかな〜まじで。