整理収納・インテリアテリア

整理収納

「広い収納」本当に必要ですか?

 家を建てようというお客様からとっても多いご要望が「とにかく広い収納が欲しい!」というもの。でも、無駄な収納スペースが増えればその分建坪が増えて、建築予算も税金も増えてしまうし、もし建坪・予算を抑えるならその分居住スペースが減ってしまいます。

 それに、建ててから「さあ、ここの広~い収納スペースには何をしまおう、ひとまず引越してきたダンボール箱を積んでおきましょうか」というのでは何とももったいない!
どうぞ、建てる前に収納を賢く計画してください。建てる前の時期は、間取りを自在に組むことができて収納計画にとっても重要なのです。例えば「リビングのニッチに書類をしまおう、B4サイズを入れるなら奥行き30センチあれば十分」などと、適切な収納場所とサイズを決めていくのです。そうすれば、生活動線にあわせて片付けやすい収納スペースができ、自然と片付いてしまう新生活を手にいれることができるというわけです。

 「広い収納が欲しい」という声の本音は「使い勝手がよくて、片付く収納が欲しい」ということですよね。いつでも片付いている気持ちのよい暮らしを手に入れましょう!

収納実例

奥行きの浅いクローゼット
 日本では押入れ文化からの流れで、クローゼットも1間サイズ(奥行き90センチ)のものが多いのですが、皆さん奥行きを持て余していませんか?ポールを2列通すには窮屈だし、奥に不用品を溜め込む原因にもなってしまいます。
 私がお勧めしているのは、奥行き56センチの浅いクローゼットを作ることです。このサイズで男性の背広も十分にかけることができますし、ワードロープがすべて見渡せて、ずっと使いやすくなりますよ。
入口にかぶらない折り戸のクローゼット
 一般的にクローゼットの扉は折れ戸式が多いですね。でも端に折った戸が邪魔をするので、ボックス収納などの死角ができてしまうのが悩みです。
 そこでプランニング・アイでは工夫のある扉をご提案しています。例えば、戸が大きく外側に開き入口にかぶらない折り戸。または、右にも左にも自在にスライドできる引き戸など。
 死角が無くなるだけでも、ぐっと気持ちよく暮らせます。
建売でも、あなたらしい収納の余地を残しています
 建売物件のご契約後に、ご購入いただいたお客様のライフスタイルにあわせた棚や収納などを追加しました。一度ご自宅を訪問し、収納物をすべて見せていただいたのです。お持ちの物の量だけでなく、お好みの収納方法(衣類なら、畳む・掛けるなど)を把握して、お客様ご家族にとって使いやすい収納を造作しました。
 プランニング・アイの建売物件は、販売の段階では収納を空にお作りしておき、買主様が決まってからその方の暮らしにフィットする造作を行える余地を残しています。もちろん、お客様ご自身で市販のラックを購入したりDIYしたりで完成させることもできます。